富岡町のミユキさん

6月15日(水)
富岡町から避難してきた猪狩ミユキさんにお会いしました。
a0220423_10313393.jpg

ミユキさんは、震災にあわれた3月11日、
着の身着のままで近所の人の車に乗って町を離れました。

「地震が収まれば帰れると思っていた」
と、その時の心情を話してくださいました。

ミユキさんは、3月14日に次女が住む愛知県犬山市に着きました。

「元気でいる姿を離れ離れになってしまった同郷の人に伝われば…」
と、この写真をブログにアップすることを快諾してくださいました。

猪狩ミユキさんは、元気です。

娘さんと一緒に手芸などされていらっしゃいました。

ミユキさんが犬山に来られてから、作った作品です
a0220423_10451536.jpg


ミユキさんは、今月6月25日(土)に、
群馬県吾妻郡高山村へ移動されるそうです。

愛知県の夏は暑くて暮らし辛いですが、群馬の高山村は涼しい。
避難所として提供された国民宿舎に住まわれる予定です。

ミユキさんと一緒に富岡町を離れて愛知県へ来た方々は、
豊橋にいらっしゃいます。

「地震が収まり、復興が始まっても、
原発付近の者にとっては、地獄が始まった」
と、ミユキさんの次女が言った言葉が印象に残ります。

風化させちゃ、いけない。
by wink_mm | 2011-06-22 11:01 | 福島県夜ノ森公園